めんこいBar

めんこいBar

いらっしゃいませ♪ようこそ美味しい卵料理とワインのお店、めんこいBar(バール)におこしくださいました Bar(バール)は気軽な社交の場どうぞ、ほっと一息おくつろぎください

厳寒の候、しばれますね
それでも雲の上や雪の下では着々と春の準備が進んでいるようです
冬の生活を愉しみながら待ちましょう
No. 12  フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ
 道産ゆり根のプリン
ゲヴェルツトラミネール・レゼルブ 2010年(フランス 白ワイン)
フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ

フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ

オムレツは卵料理の大定番です
半熟卵のとろりとした食感をお愉しみください
卵、フォアグラ、トリュフがベストマッチして、各々の素材が生かされています
バターとエシャロットの風味豊かな赤ワインソースとお召し上がりください
フォアグラとトリュフが贅沢に使われた極上のオムレツです

道産ゆり根のプリン

道産ゆり根のプリン

ゆり根のまったりとした食感を生かしたプリンです
野菜を使ったデザートはヘルシーですね
甘いデザートには甘いワインでお愉しみください

ゲヴェルツトラミネール・レゼルブ 2010年(フランス 白ワイン)

品種はゲヴェルツトラミネール100%
濃い目の黄色の中にグリーンとオレンジのニュアンスが見られます
ライチやバラの花が重なり合ったような甘美な香りがして、リッチなデザートを思わせます
やわらかな甘みと酸味とともに、やさしくミネラル感もあります
熟したライチ、バラの香りからイメージする味わいが、そのままワインの味わいとなって表れています
今回は、デザートに合わせたワインです

「カーロ・ミオ・ベン」

「カーロ・ミオ・ベン」

13_4.jpg

ホクリヨウのコマーシャルソングになっている「カーロ・ミオ・ベン」は
音楽の教科書にも載っているイタリアの古典歌曲です
本来は、男性が女性への切ない恋心を歌ったものですが
コマーシャルのテーマに沿い、恋人に限らず家族などの大切な人を想うイメージで
ソプラノ歌手の幸田浩子さんが美しく清らかに歌いあげてくださいました
毎日の食事は楽しくありたいものです
何を食べたかはもちろん、どのように食べたかもとても大事なことだと思います
作り手が愛情を込めた料理を感謝していただくことで
心にもたっぷりと栄養が行き渡るのではないでしょうか
大切な人と囲むあたたかな食卓に、卵料理を一品添えていただけたら
こんなに嬉しい事はありません(笑)

お帰りですか、ありがとうございました
次回も素敵なあなたのために
心を込めて美味しい卵料理とワインをご用意してお待ちしております
鬼は外!福は内!
めんこいBarのご感想をお寄せください

卵はメインのおかずになる食材です
今回はオムレツにしました
ありえないほど豪華なフランス産フォアグラとトリュフのオムレツでした

フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ

  1. フォアグラは一口大にカットし塩、コショウと小麦粉をまぶす
  2. フライパンにオリーブオイルとバターを入れ焼き色がつくまでソティし、そのままの状態である程度火が通るまでおいておく
  3. トリュフを5mm角にカットしておく
  4. ボウルに卵3個を割り入れ牛乳、塩、コショウをした後、卵白を切るように撹拌し、最後にバターを1切れ入れておく
  5. フライパンにサラダ油をしき温まってきたら卵を入れ、一気にスクランブルエッグを作る要領で火を入れていき、その中にフォアグラ、トリュフを入れオムレツを巻く
  6. 皿に赤ワインソースをしき、オムレツを乗せ完成
  7. 赤ワインソースは、鍋にエシャロットのみじん切りを入れバターとオリーブ油でソティし、その後、赤ポルト酒と赤ワインを入れ3分の1になるまで煮詰める
  8. フォンドヴォーを入れ味がなじむまで煮詰めた後、塩、コショウ、バターで味を調えて完成

道産ゆり根のプリン

  1. ゆり根はきれいに掃除をしておく
  2. 柔らかくなるまで蒸し、ピューレ状にしておく
  3. 鍋に牛乳とバニラビーンズを入れて温め、ゆり根のピューレを入れダマにならないように混ぜる
  4. ボールに卵とグラニュー糖と入れて混ぜ合わせ、3を入れて混ぜた後、濾す
  5. プリン型にカラメルソースを入れた後、4のアパレイユを入れて蒸し器で20分間(83度)火を入れる
  6. 完全に冷めてから型から抜いて器に盛り付ける

協力:コーチャンフォー新川通り店
    レストラン インターリュード

鈴木和彦
料理長
鈴木和彦
落合博文
ソムリエ
落合博文
  • ご意見ご感想はこちらから

バックナンバー

No.24
フランス産フォアグラのリゾットのオムライス
ガトーショコラ
シャンボール・ミュジニー 2005年(フランス 赤ワイン)
No.23
ブイヤベース
南瓜のプリン
デ・ムジェル シャルドネ 2010年(スペイン 白ワイン)
No.22
十勝産牛バラシチュー マカロニグラタン添え
シーザースサラダ
グレイ カベルネ・ソーヴィニヨン 2010年(チリ 赤ワイン)
No.21
スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ
秋鮭と浅利のチャウダー
マルキ・ド・シャス ブラン 2011年(フランス 白ワイン)
No.20
秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え
滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え
クロウディア・デ・ヴァルフォルモサ 2011年(スペイン 白ワイン)
No.19
北海道浦臼町産サフォーク種仔羊のロースト 北あかりのグラタン添え
余市産さくらんぼ(サミット)のスープ ミルクのジェラード添え
アルテロ 2009年(スペイン 赤ワイン)
No.18
蝦夷鹿のタッリアータ 旬の野菜のラタトゥイユ添え
バニラ風味のカタラーナ
テッレ・モーレ 2011年(イタリア 赤ワイン)
No.17
道産ウニとボタン海老のフレッシュトマトパスタ
じゃが芋のヴィシソワーズ
ドミニオ・デ・カレス カヴァ ブリュット・ナチュール(スペイン スパークリングワイン)
No.16
時知らずのスモーク サラダ添え
ココナッツのパンナコッタ ブルーベリーのジェラート添え
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー2009年(フランス 白ワイン)
No.15
ニュージーランド産仔羊のロースト行者ニンニク風味
苺と求肥のファルス(苺大福風)桜のジェラード添え
シャトー・ペイラボン 2004年(フランス 赤ワイン)
No.14
新冠産黒豚のアイスバイン シュークルートとマッシュポテト添え
黄人参のクリームスープ
ブルゴーニュ・ブラン ”ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ” 2007年(フランス 白ワイン)
No.13
フランス産鴨のパイ包焼き
フロマージュクリュ ミックスベリー添え
ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ・ミュルジェ 2001年(フランス 赤ワイン)
No.11
新冠産黒豚ロースのピカタ
紅玉のタルトタン
ケウラ ピノノワール 2008年(チリ 赤ワイン)
No.10
カキフライのオムレツ、自家製トマトケチャップ添え
ヴェリーヌに入った苺のショートケーキ
シャブリ 2010年(フランス)
No.9
クロックマダム
水菜、ズワイガニ、アボカドのシャキシャキサラダ ポーチドエッグ添え
サンテロ アスティ スプマンテ(イタリア スパークリングワイン)
No.8
チキンマレンゴ風
マチュドニア
リースリング ヴィニョーブル・ド・カッサンタル2009(フランス 白ワイン)
No.7
牛ロース肉のシェバル風(乗馬)
じゃが芋のヴィシソワーズ
マルケス・デ・トレド グラン・レセルバ2005(スペイン 赤ワイン)
No.6
キャベツとブルーチーズのサンドウィッチ
苺パフェ
キャンティ・リゼルヴァ・ロッジャ・デル・コンテ2008(イタリア 赤ワイン)
No.5
若鶏の砂肝のコンフィ・卵のフライ添え
コーヒーブラマンジェ
ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ (オーストラリア)
No.4
アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)
りんごのタルト
アチェント ブリュット(スパークリングワイン イタリア)
No.3
春キャベツとズワイガニのキッシュロレーヌ
ホワイトアスパラのソテー・生ハムと温度卵添え
ヌシャテル シャスラ ヴァランタン 2009 (スイス 白ワイン)
No.2
オムライス
苺のグラタン
シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2008 (日本 白ワイン)
No.1
ウフココット
カキ、菜の花とトマトのパスタ
レ・ぺシュー・モンルイ2009(フランス 白ワイン)