めんこいBar

めんこいBar

いらっしゃいませ♪ようこそ美味しい卵料理とワインのお店、めんこいBar(バール)におこしくださいました Bar(バール)は気軽な社交の場どうぞ、ほっと一息おくつろぎください

十月、神無月は小菊色のイメージです
ススキの穂がふんわり開いて風に揺れています
秋が深まってきました
No. 20  秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え
 滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え
クロウディア・デ・ヴァルフォルモサ 2011年(スペイン 白ワイン)
秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え

秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え

秋刀魚の美味しい季節です
これが秋刀魚?…サプライズです!
臭みのない濃厚な秋刀魚の味わいとじゃが芋の甘味が、口の中で溶け合います
「苦味がこんなに美味しい味だとは知らなかった」というほど、ムース状の肝のソースが絶品です
秋のフルーツのぶどうと柿が、後味をやさしく包みます

滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え

滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え

厚切りの胸肉を、きれいなロゼ色に焼いています
野趣溢れる鴨肉に、相性のよい桃の甘いソースととうもろこしのクレープを添えました
「食欲の秋」に相応しく、ボリューム感があります

クロウディア・デ・ヴァルフォルモサ 2011年(スペイン 白ワイン)

品種はパレリャ-ダ70%、ミュスカ30%
クリアで鮮やか、ほのかに緑色がかった淡い麦わら色をしています
花のようなニュアンスがあり、柑橘類やトロピカルフルーツの香りが感じられます
フレッシュでエレガントにバランスがとれており、まろやかでしなやかなフルーティーな味わいです
華やかさで秋刀魚ともマリアージュ、冷たくしてお召し上がりください

素敵な布箱

素敵な布箱

22_4.jpg

カルトナージュを始めて一年半ほどになります
カルトナージュとは、厚紙を切って組み立て、布や紙を貼って箱や雑貨を作る
フランス生まれの手芸です
子供の頃は、空になったクッキーの缶やお菓子の箱をとっておいて
大好きなリボンやレターセットなどを入れていました
大切なものを、綺麗な箱にそっとしまっておくことに心惹かれます
今は、布選びが悩ましくも愉しい作業です
お国柄が溢れる世界各国の布に目移りしつつ、色合いや組み合わせをイメージ
していきます
手間と時間をかけ、世界に二つとない自分だけのお気に入りの作品が出来上がるのは、とても嬉しいものです
可愛らしい草花のカバーのスケジュール帳は、開く度にワクワクします
家族の写真を飾ったフォトフレームからは、思い出とともに温かみを感じます
そして、とっておきの箱は何も入れずにただ飾って眺めていたいのです(笑)

お愉しみいただけましたか?
ありがとうございます
来月も、美味しい料理とワインをご用意してお待ちしております
めんこいBarでお気付きの点はございませんか?

卵料理には、脳力リフレッシュ効果があります
朝食の卵かけご飯は、脳を目覚めさせ集中力を高めます
毎日、1~2個、食事に取り入れましょう

秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え

  1. 秋刀魚を3枚に下ろし塩、コショウをする
  2. フライパンにオリーブ油を引き、ニンニクと秋刀魚のフィレを入れ焼き色をつけ、その中にフォアグラを入れソティする
  3. 2に白ワイン、赤のポルト酒、ブランディーを入れアルコール分をとばし、中にバターを入れ溶かす
  4. 温かいうちにフードプロセッサーにかけ、ピューレ状にして冷ます
  5. 別鍋で皮をむいたじゃが芋を茹でマッシュポテトを作り、牛乳、生クリーム、バター、塩、コショウで味を調え冷ます
  6. トロ型にクッキングペーパーを敷き4を絞り入れ、次に3を入れラップをし、重石を乗せプレスしテリーヌとする
  7. 鍋にバター、ニンニクを入れ香りを出す
  8. 1の中に秋刀魚の肝を入れソティし、日本酒と醤油を入れ潰しながら火を通した後、冷ましてソースとする
  9. 皿に適当な厚さにカットしたテリーヌを盛り付けソースを添え、季節の野菜、フルーツサラダ等をのせ完成

滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え

  1. 合鴨の胸肉に塩、コショウをし、フライパンにオリーブ油を引き胸肉を入れ、焼き色をつけながら火を入れ、アルミホイルに取り上げてロゼ色になるまで休ませる
  2. フライパンの油を捨て、白ワイン、ブランディーを入れアルコール分をとばしながら2分の1量まで煮詰め、さらに市販のフォンドボーを入れ煮詰め、仕上げにバターを入れソースとする
  3. 茹でたとうもろこし、薄力粉、オリーブオイル、塩、コショウ、ナツメグ、全卵、卵黄、生クリームをミキサーに入れ混ぜ合わせる
  4. 半日ほど休ませてから、オリーブオイルを引いたフライパンで両面を焼いてクレープとする
  5. 皿にローストした鴨を置き、上からソースをかけ、さらにその上にクレープをのせて完成

協力:コーチャンフォー新川通り店
    レストラン インターリュード

鈴木和彦
料理長
鈴木和彦
落合博文
ソムリエ
落合博文
  • ご意見ご感想はこちらから

バックナンバー

No.24
フランス産フォアグラのリゾットのオムライス
ガトーショコラ
シャンボール・ミュジニー 2005年(フランス 赤ワイン)
No.23
ブイヤベース
南瓜のプリン
デ・ムジェル シャルドネ 2010年(スペイン 白ワイン)
No.22
十勝産牛バラシチュー マカロニグラタン添え
シーザースサラダ
グレイ カベルネ・ソーヴィニヨン 2010年(チリ 赤ワイン)
No.21
スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ
秋鮭と浅利のチャウダー
マルキ・ド・シャス ブラン 2011年(フランス 白ワイン)
No.19
北海道浦臼町産サフォーク種仔羊のロースト 北あかりのグラタン添え
余市産さくらんぼ(サミット)のスープ ミルクのジェラード添え
アルテロ 2009年(スペイン 赤ワイン)
No.18
蝦夷鹿のタッリアータ 旬の野菜のラタトゥイユ添え
バニラ風味のカタラーナ
テッレ・モーレ 2011年(イタリア 赤ワイン)
No.17
道産ウニとボタン海老のフレッシュトマトパスタ
じゃが芋のヴィシソワーズ
ドミニオ・デ・カレス カヴァ ブリュット・ナチュール(スペイン スパークリングワイン)
No.16
時知らずのスモーク サラダ添え
ココナッツのパンナコッタ ブルーベリーのジェラート添え
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー2009年(フランス 白ワイン)
No.15
ニュージーランド産仔羊のロースト行者ニンニク風味
苺と求肥のファルス(苺大福風)桜のジェラード添え
シャトー・ペイラボン 2004年(フランス 赤ワイン)
No.14
新冠産黒豚のアイスバイン シュークルートとマッシュポテト添え
黄人参のクリームスープ
ブルゴーニュ・ブラン ”ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ” 2007年(フランス 白ワイン)
No.13
フランス産鴨のパイ包焼き
フロマージュクリュ ミックスベリー添え
ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ・ミュルジェ 2001年(フランス 赤ワイン)
No.12
フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ
道産ゆり根のプリン
ゲヴェルツトラミネール・レゼルブ 2010年(フランス 白ワイン)
No.11
新冠産黒豚ロースのピカタ
紅玉のタルトタン
ケウラ ピノノワール 2008年(チリ 赤ワイン)
No.10
カキフライのオムレツ、自家製トマトケチャップ添え
ヴェリーヌに入った苺のショートケーキ
シャブリ 2010年(フランス)
No.9
クロックマダム
水菜、ズワイガニ、アボカドのシャキシャキサラダ ポーチドエッグ添え
サンテロ アスティ スプマンテ(イタリア スパークリングワイン)
No.8
チキンマレンゴ風
マチュドニア
リースリング ヴィニョーブル・ド・カッサンタル2009(フランス 白ワイン)
No.7
牛ロース肉のシェバル風(乗馬)
じゃが芋のヴィシソワーズ
マルケス・デ・トレド グラン・レセルバ2005(スペイン 赤ワイン)
No.6
キャベツとブルーチーズのサンドウィッチ
苺パフェ
キャンティ・リゼルヴァ・ロッジャ・デル・コンテ2008(イタリア 赤ワイン)
No.5
若鶏の砂肝のコンフィ・卵のフライ添え
コーヒーブラマンジェ
ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ (オーストラリア)
No.4
アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)
りんごのタルト
アチェント ブリュット(スパークリングワイン イタリア)
No.3
春キャベツとズワイガニのキッシュロレーヌ
ホワイトアスパラのソテー・生ハムと温度卵添え
ヌシャテル シャスラ ヴァランタン 2009 (スイス 白ワイン)
No.2
オムライス
苺のグラタン
シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2008 (日本 白ワイン)
No.1
ウフココット
カキ、菜の花とトマトのパスタ
レ・ぺシュー・モンルイ2009(フランス 白ワイン)