めんこいBar

めんこいBar

いらっしゃいませ♪ようこそ美味しい卵料理とワインのお店、めんこいBar(バール)におこしくださいました Bar(バール)は気軽な社交の場どうぞ、ほっと一息おくつろぎください

11月、霜月は薔薇色のイメージです
二度咲の秋薔薇も、もうお終い…
華やかだった季節ともお別れです
No. 21  スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ
 秋鮭と浅利のチャウダー
マルキ・ド・シャス ブラン 2011年(フランス 白ワイン)
スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ

スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ

鮭の美味しい季節になり、鮭尽くしのメニューです
お馴染みのクロックムッシュに、スモークサーモンがたっぷりと贅沢に使われています
ベシャメルソースとグリエールチーズとの相性も抜群で、ボリューム感もあります
ケークサレは、食べた途端に鮭とばの香りが口の中いっぱいに広がり持続します
お酒のおつまみにも、よく合います

秋鮭と浅利のチャウダー

秋鮭と浅利のチャウダー

マリネ、スモークした皮つきの鮭が一味違います
鮭も野菜も、やわらかく煮込みました
素材の味を引き出した、心まで温まる優しいチャウダーです
デザートに、秋らしい和栗のティラミスを添えました

マルキ・ド・シャス ブラン 2011年(フランス 白ワイン)

品種はソーヴィニヨン・ブラン50%、セミヨン50%
銀色がさす、輝く透明な色調です
繊細で華やかな中にもミネラル分の伴った香りです
ピュアでバランスがよく奥深さのある果実味が、優美な品格に包まれて余韻へと続きます
鮭料理に合わせて、スッキリとした味わいです

落ち葉の絨毯

落ち葉の絨毯

23_4.jpg

紅葉の見事な季節になりました
今年は、例年に比べて赤色がよく映えているように感じます
春のお花見と同様に、秋の紅葉狩りが大好きです
美しい自然を愛で、元気をいただきます
子供たちが小さかった頃、地面に敷き詰められた落ち葉の絨毯の上を
「カサコソ、カサコソ…」と、わざと大きな音を立てて駆けて行きました
イチョウ並木の下で銀杏を探して、その強烈な匂いに驚いたり
楓の葉を、子供の広げた手にかざして「似ているね」と言うと
不思議そうに見比べていたり
皆でケラケラと笑う声が聞こえてくるようです
今はゆっくりと散策して、これも自分だけの贅沢な時間です
少し体が冷えたので、帰りに喫茶店に立ち寄りました
枯葉の残り香が微かにして、熱いコーヒーの香りと「ブレンド」されました(笑)

お愉しみいただけましたか?
ありがとうございます
来月も、美味しい料理とワインをご用意してお待ちしております
めんこいBarでお気付きの点はございませんか?

卵料理には、脳のリフレッシュ効果があります
昼食のねぎトロ卵丼は、脳を活性化し情報伝達をスムーズにします
毎日1~2個、食事に取り入れましょう

スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ

  1. クロックムッシュは、角食を2枚トーストし、マスタードバターを塗る
  2. 1枚にスモークサーモン、ベシャメルソース、グリエールチーズのスライスをのせ、もう1枚にベシャメルソース、グリエールチーズのスライスをのせ、2枚ともオーブントースター等で焼き色をつける
  3. スモークサーモン入りのトーストを下にし、もう1枚を上に重ね、適度な大きさにカットして皿に盛りつける
  4. ケークサレは、鮭とばを5mmに、マッシュルームとじゃが芋は同じ大きさにカットし、じゃが芋はボイルして冷ましておく。マッシュルームもバターソティして冷ましておく
  5. ボールに卵、牛乳を入れてかき混ぜる。ふるいにかけた小麦粉、ベーキングパウダーを入れて混ぜた中に先の具材を入れ塩、コショウ、オリーブ油を入れ味を調える
  6. テリーヌ型、又はトヨ型に入れ170℃で4分焼き、冷めてから適当な大きさにカットして皿に盛りつける

秋鮭と浅利のチャウダー

  1. じゃが芋、玉葱、人参、セロリ、ベーコンを1㎝角にカットし、秋鮭は鱗をとり皮つきのまま塩でマリネしてスモークしておく
  2. 1の秋鮭を3㎝にカットし、フライパンにオリーブ油とバターをひき皮目に焼き色をつける
  3. 鮭以外の具材を鍋でオリーブ油とバターでソティしてチキンブイヨンを入れた後、別鍋で殻つきの浅利をオリーブ油でソティし、白ワインと水で煮込む。その後、これを濾して鮭以外の具材が入った鍋に入れ野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. その中に2を入れ沸騰させ、鮭に火を入れ浅利の身、牛乳、生クリームを入れ味を調える
  5. 皿に4を盛り付けパセリのみじん切り、粉チーズ、クルトンを添え完成

協力:コーチャンフォー新川通り店
    レストラン インターリュード

鈴木和彦
料理長
鈴木和彦
落合博文
ソムリエ
落合博文
  • ご意見ご感想はこちらから

バックナンバー

No.24
フランス産フォアグラのリゾットのオムライス
ガトーショコラ
シャンボール・ミュジニー 2005年(フランス 赤ワイン)
No.23
ブイヤベース
南瓜のプリン
デ・ムジェル シャルドネ 2010年(スペイン 白ワイン)
No.22
十勝産牛バラシチュー マカロニグラタン添え
シーザースサラダ
グレイ カベルネ・ソーヴィニヨン 2010年(チリ 赤ワイン)
No.20
秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え
滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え
クロウディア・デ・ヴァルフォルモサ 2011年(スペイン 白ワイン)
No.19
北海道浦臼町産サフォーク種仔羊のロースト 北あかりのグラタン添え
余市産さくらんぼ(サミット)のスープ ミルクのジェラード添え
アルテロ 2009年(スペイン 赤ワイン)
No.18
蝦夷鹿のタッリアータ 旬の野菜のラタトゥイユ添え
バニラ風味のカタラーナ
テッレ・モーレ 2011年(イタリア 赤ワイン)
No.17
道産ウニとボタン海老のフレッシュトマトパスタ
じゃが芋のヴィシソワーズ
ドミニオ・デ・カレス カヴァ ブリュット・ナチュール(スペイン スパークリングワイン)
No.16
時知らずのスモーク サラダ添え
ココナッツのパンナコッタ ブルーベリーのジェラート添え
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー2009年(フランス 白ワイン)
No.15
ニュージーランド産仔羊のロースト行者ニンニク風味
苺と求肥のファルス(苺大福風)桜のジェラード添え
シャトー・ペイラボン 2004年(フランス 赤ワイン)
No.14
新冠産黒豚のアイスバイン シュークルートとマッシュポテト添え
黄人参のクリームスープ
ブルゴーニュ・ブラン ”ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ” 2007年(フランス 白ワイン)
No.13
フランス産鴨のパイ包焼き
フロマージュクリュ ミックスベリー添え
ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ・ミュルジェ 2001年(フランス 赤ワイン)
No.12
フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ
道産ゆり根のプリン
ゲヴェルツトラミネール・レゼルブ 2010年(フランス 白ワイン)
No.11
新冠産黒豚ロースのピカタ
紅玉のタルトタン
ケウラ ピノノワール 2008年(チリ 赤ワイン)
No.10
カキフライのオムレツ、自家製トマトケチャップ添え
ヴェリーヌに入った苺のショートケーキ
シャブリ 2010年(フランス)
No.9
クロックマダム
水菜、ズワイガニ、アボカドのシャキシャキサラダ ポーチドエッグ添え
サンテロ アスティ スプマンテ(イタリア スパークリングワイン)
No.8
チキンマレンゴ風
マチュドニア
リースリング ヴィニョーブル・ド・カッサンタル2009(フランス 白ワイン)
No.7
牛ロース肉のシェバル風(乗馬)
じゃが芋のヴィシソワーズ
マルケス・デ・トレド グラン・レセルバ2005(スペイン 赤ワイン)
No.6
キャベツとブルーチーズのサンドウィッチ
苺パフェ
キャンティ・リゼルヴァ・ロッジャ・デル・コンテ2008(イタリア 赤ワイン)
No.5
若鶏の砂肝のコンフィ・卵のフライ添え
コーヒーブラマンジェ
ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ (オーストラリア)
No.4
アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)
りんごのタルト
アチェント ブリュット(スパークリングワイン イタリア)
No.3
春キャベツとズワイガニのキッシュロレーヌ
ホワイトアスパラのソテー・生ハムと温度卵添え
ヌシャテル シャスラ ヴァランタン 2009 (スイス 白ワイン)
No.2
オムライス
苺のグラタン
シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2008 (日本 白ワイン)
No.1
ウフココット
カキ、菜の花とトマトのパスタ
レ・ぺシュー・モンルイ2009(フランス 白ワイン)