めんこいBar

めんこいBar

いらっしゃいませ♪ようこそ美味しい卵料理とワインのお店、めんこいBar(バール)におこしくださいました Bar(バール)は気軽な社交の場どうぞ、ほっと一息おくつろぎください

今朝、郭公の鳴き声を聞きました
草木の美しい緑のグラデーションに心が癒されます
早くも初夏の気配ですね
No. 4  アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)
 りんごのタルト
アチェント ブリュット(スパークリングワイン イタリア)
アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)

アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)

アクアコッタはイタリアの家庭料理です
香りの強い野菜を煮込んでいますが、驚くほど優しい味のスープです
卵を落とすことで栄養価が高まりコクも出ました
少し硬くなってしまったパンでもスープに浸せば大切に食べ切れます
節約やマンマ(おふくろ)の味は世界共通ですね

りんごのタルト

りんごのタルト

りんごをしっとりとしたアーモンドクリームで包んだソフトなタルトです
ブランデーがほのかに香るりんごは酸味の強い品種でも美味しいですよ
アクアコッタ同様こちらもとても優しい味です
控え目ながら洗練された甘さの和三盆のジェラートを添えました
あたかも優しいお互いを引き立て合うかのようです

アチェント ブリュット(スパークリングワイン イタリア)

品種はシャルドネとピノ・ブラン
フルーツの香りとともにパンの皮のようなイースト香があります
麦わら色に薄緑が差した色で、泡立ちは豊かで持続性があります
口いっぱいにフレッシュな感触が広がり
香りと味わいのバランスがよく、しっかりとした骨格もあります

モンサンミッシェルとオムレツ

モンサンミッシェルとオムレツ

4_4.jpg

満潮時には水上に浮かぶ城塞のような修道院モンサンミッシェル
世界遺産として有名なこの巡礼地を目の前にして続くあぜ道を
私はワクワクしながら歩いていました
お昼はもちろんレストラン「ラ・メール・プーラール」で
名物の巨大オムレツは、大きなボールの中のたくさんの卵を大きな泡立て器でかき混ぜ特製のフライパンで焼かれていました
湯気の立ったオムレツはフワフワのスフレ風で思っていたより薄味でした
もとはと言えば疲れた巡礼者のために宿の女主人が作ったのが始まりとか
卵は昔から貴重で人々から愛される食べ物だったのですね
どのような人がどのような祈りで訪れたのでしょう
石畳も潮の満ち引きも草を食む羊も昔のまま
いいえ、目には見えなくても確かに今この瞬間に繋がっているのでは…
不思議な感動を覚え、私の胸に熱いものが込み上げてきました

お帰りですか、ありがとうございました
次回も素敵なあなたのために
心をこめて美味しい卵料理とワインをご用意してお待ちしております
遠出のドライブには十分お気をつけて
めんこいBarのご感想をお寄せください

卵はコクのある食材です
今回はスープの中に落としました
慈愛に満ち心まで温まる
アクアコッタでした

アクアコッタ(野菜と落とし卵のスープ)

  1. 鍋にたっぷりのオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ弱火にかけて香りを移し、ニンニクがきつね色になったら玉葱とセロリのスライスと1㎝幅にカットした行者ニンニクを入れ塩小さじ1を加えて強火でソティし、沸いてきたら火を弱めて蒸し煮状態にする
  2. 玉葱がしんなりしてきたら種を取り除いたホールトマトをちぎりながら加えて全体に火が入ってきたところで水を入れ、沸騰してきたらバジルを細かくちぎって加え野菜が水分と馴染んだら塩で味を調えそのまま冷やす
  3. 小鍋に一人前を取り水を加え火にかけ、沸いてきたら卵を1個落とし白身が固まるまで加熱する
  4. 器に硬くなった5㎝角・厚さ1cm程度のパン一切れを置き、パルミジャーノチーズ大さじ1を乗せ回りに具とスープを注ぎ入れる
  5. 仕上げにオリーブオイルを回しかける

りんごのタルト

  1. りんごは皮をむき12分の1ずつにカットしバターをひいた鍋に入れ、グラニュー糖、レモン汁、シナモン、バニラビーンズ、ブランデーを入れソティし、蓋をしてしんなりするまで蒸し煮にする
  2. アーモンドプードル、粉糖、無塩バターと室温に出した卵を同量用意し、アーモンドプードルはふるいにかけ卵は卵黄と卵白を分けておく
  3. バターに3分の2量の粉糖を入れ白っぽくなるまでかき混ぜ、卵黄を1個ずつ入れていき、アーモンドプードルを入れゴムベラでかき混ぜ、最後に3分の1量の粉糖を入れて泡立て卵白を入れ仕上げる
  4. 耐熱皿にまんべんなくバターを塗り3分の1量の生地を敷き、冷めたりんごをまんべんなく並べ入れ、残りの3分の2量の生地を上から乗せる
  5. 170度のオーブンで20~30分くらい焼き生地に火が通れば完成、和三盆のジェラートを添える

協力:コーチャンフォー新川通り店
    レストラン インターリュード

鈴木和彦
料理長
鈴木和彦
落合博文
ソムリエ
落合博文
  • ご意見ご感想はこちらから

バックナンバー

No.24
フランス産フォアグラのリゾットのオムライス
ガトーショコラ
シャンボール・ミュジニー 2005年(フランス 赤ワイン)
No.23
ブイヤベース
南瓜のプリン
デ・ムジェル シャルドネ 2010年(スペイン 白ワイン)
No.22
十勝産牛バラシチュー マカロニグラタン添え
シーザースサラダ
グレイ カベルネ・ソーヴィニヨン 2010年(チリ 赤ワイン)
No.21
スモークサーモンのクロックムッシュと鮭とばのケークサレ
秋鮭と浅利のチャウダー
マルキ・ド・シャス ブラン 2011年(フランス 白ワイン)
No.20
秋刀魚のリエットとじゃが芋のテリーヌ 肝のソース添え
滝川産合鴨のロースト とうもろこしのクレープ添え
クロウディア・デ・ヴァルフォルモサ 2011年(スペイン 白ワイン)
No.19
北海道浦臼町産サフォーク種仔羊のロースト 北あかりのグラタン添え
余市産さくらんぼ(サミット)のスープ ミルクのジェラード添え
アルテロ 2009年(スペイン 赤ワイン)
No.18
蝦夷鹿のタッリアータ 旬の野菜のラタトゥイユ添え
バニラ風味のカタラーナ
テッレ・モーレ 2011年(イタリア 赤ワイン)
No.17
道産ウニとボタン海老のフレッシュトマトパスタ
じゃが芋のヴィシソワーズ
ドミニオ・デ・カレス カヴァ ブリュット・ナチュール(スペイン スパークリングワイン)
No.16
時知らずのスモーク サラダ添え
ココナッツのパンナコッタ ブルーベリーのジェラート添え
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー2009年(フランス 白ワイン)
No.15
ニュージーランド産仔羊のロースト行者ニンニク風味
苺と求肥のファルス(苺大福風)桜のジェラード添え
シャトー・ペイラボン 2004年(フランス 赤ワイン)
No.14
新冠産黒豚のアイスバイン シュークルートとマッシュポテト添え
黄人参のクリームスープ
ブルゴーニュ・ブラン ”ジャン・ド・ラ・ヴィーニュ” 2007年(フランス 白ワイン)
No.13
フランス産鴨のパイ包焼き
フロマージュクリュ ミックスベリー添え
ニュイ サン ジョルジュ プルミエクリュ レ・ミュルジェ 2001年(フランス 赤ワイン)
No.12
フランス産フォアグラとトリュフのオムレツ
道産ゆり根のプリン
ゲヴェルツトラミネール・レゼルブ 2010年(フランス 白ワイン)
No.11
新冠産黒豚ロースのピカタ
紅玉のタルトタン
ケウラ ピノノワール 2008年(チリ 赤ワイン)
No.10
カキフライのオムレツ、自家製トマトケチャップ添え
ヴェリーヌに入った苺のショートケーキ
シャブリ 2010年(フランス)
No.9
クロックマダム
水菜、ズワイガニ、アボカドのシャキシャキサラダ ポーチドエッグ添え
サンテロ アスティ スプマンテ(イタリア スパークリングワイン)
No.8
チキンマレンゴ風
マチュドニア
リースリング ヴィニョーブル・ド・カッサンタル2009(フランス 白ワイン)
No.7
牛ロース肉のシェバル風(乗馬)
じゃが芋のヴィシソワーズ
マルケス・デ・トレド グラン・レセルバ2005(スペイン 赤ワイン)
No.6
キャベツとブルーチーズのサンドウィッチ
苺パフェ
キャンティ・リゼルヴァ・ロッジャ・デル・コンテ2008(イタリア 赤ワイン)
No.5
若鶏の砂肝のコンフィ・卵のフライ添え
コーヒーブラマンジェ
ジェイコブス・クリーク スパークリング ロゼ (オーストラリア)
No.3
春キャベツとズワイガニのキッシュロレーヌ
ホワイトアスパラのソテー・生ハムと温度卵添え
ヌシャテル シャスラ ヴァランタン 2009 (スイス 白ワイン)
No.2
オムライス
苺のグラタン
シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2008 (日本 白ワイン)
No.1
ウフココット
カキ、菜の花とトマトのパスタ
レ・ぺシュー・モンルイ2009(フランス 白ワイン)