ホクリヨウFSSC認証パッキング工場


札幌・千歳・帯広・北見・登別GP

近年多発する食品安全問題、偽装事件に鑑み、お客さまはもとより当社従業員も安心して業務に従事できるように、2009年の札幌GPを皮切りに帯広・北見・登別・千歳GPでISO22000(食品安全)を取得いたしました。そして、現在は、ISOをさらに進化させたFSSC22000を道内5GPすべてで取得しております。

清浄・非清浄区域の区分

千歳GP工場内
千歳GP工場内

工場内で洗浄前の卵と後の卵が混在することはありません。場内の空気は清浄区域から非清浄区域に向かって換気されています 。

汚染防止のための人・物の動線計画

作業員が非清浄区域を通って清浄区域に入ったり、製品が非清浄区域を通過して出荷されたりすることはありません 。

外部との遮断性を確保

高速シャッターやドッグシェルターを設置し、防虫、防鼠、対策に万全を期しています。

場内各室の温度管理

エアコンを完備し、夏でも場内は一定の温度を保っていますので卵の鮮度を落とすことがありません。

作業員の衛生管理

土足の厳禁、専門の作業衣の着用、手洗い消毒、エアーシャワー室の通過など、作業前の衛生管理はもちろん、定期的な検便、健康診断を実施しています。

卵の洗浄・消毒

卵は次亜塩素酸ナトリウムで洗浄消毒されます。洗浄温度と洗浄濃度を定時毎にチェックしています。

バーコンベアーによる移送

コンベアー
コンベアー

鶏舎の卵はコンベアーで自動的に工場に運ばれ人手をかけずパック詰めされます。

ひび卵の自動検査

樹脂ハンマーで瞬時に診断
樹脂ハンマーで瞬時に診断

樹脂ハンマーで1個の卵を瞬時に16回触診し、ひび卵を除去します。

卵の品質厳重調査

産卵された卵は毎日卵殻表面、可食部のサルモネラ検査を実施している他、卵殻厚、卵殻強度、ハウユニットなどさまざまな検査を全工場で実施しています。